こだわり

そばの館(えん野)では、丹精込めて栽培された常陸秋そばを自家製粉し、水は地下80mからの自家水で、釜は約100年前から我が家で使われてきた物を使用しております。お客様に少しでも喜んで頂けますよう、従業員一同、笑顔でお待ちしております。

練り

ステップ1. 練り

1.5kgの玉にします。写真にはありませんが、ここまでの過程が一番気を使う所ですので、その日の朝の体で感じた気温・湿度・粉の状態などによって水加減を調節しています。

打ち

ステップ2. 打ち

玉の状態の蕎麦(そば)を手のひらで丸く潰していき、麺棒に巻き付け、麺台に打ち付けるように伸ばしていきます。

切り

ステップ3. 切り

そばの館(えん野)では、こま板は使わず手の感覚で切っていきます。

ゆで

ステップ4. ゆで

お客様になるべく早くご提供できるよう、責任を持って日々努力しております。

ゆで加減

ステップ5. ゆで加減

その日の蕎麦(そば)の状態によって茹でる時間を調節します。一度に6人前まで、茹でることが出来ます。

盛り付け

ステップ6. 盛り付け

茹であがった蕎麦(そば)を自家水にてしめます。その蕎麦(そば)を誤差の無いよう丁寧に盛り付け、お客様のモトにお出し致します。

お電話からのお問い合わせ
0296-37-2092

Top